カンボジアホームステイ生ともちつき大会!

富山県カンボジア王国親善協会では、毎年カンボジアで日本語を学ぶ学生をホームステイに招待しています。今年も2名の学生と人材開発センターの職員計3名を、10日間の研修に招待されました。

弊社会長の髙井が協会の副会長を務めており、毎年弊社ビジターハウスで臼と杵を使った餅つき体験が恒例となっています。

学生たちはヨイショ!の掛け声で初めての日本式餅つき体験に興奮しきりでした。

その他にも親善協会の引率で工場見学や茶道・華道の体験、祭りに参加するなど、たくさんの想い出を作って帰国したようです。%e3%82%82%e3%81%a1%e3%81%a4%e3%81%8d